フコイダンとは?

フコイダンとは何でしょうか?名前を聞いたことのある人、名前を聞いても効果や効能が分からない人も多いかと思います。

フコイダンとは、ワカメや昆布、もずくなどに含まれるヌルヌルした粘質物に多く含まれる多糖類の一種のことを言います。
この特有のヌメリは細胞壁と細胞壁の間にある「フコース」という物質に硫酸などが合成されてできたものです。
ひじきや昆布などの海藻類のほか、ナマコなどにも見つかっていますが、特にもずくに一番多く含まれているようです。
フコイダンは生活習慣病や抗がん作用などの様々な疾患に対する働きが期待できる成分を含んでいます。

フコイダンが注目されているのは、1996年の日本癌学会で報告された制癌作用が報告されたためです。
その後、昆布を原料としたフコイダンには悪性リンパ種の細胞にアポトーシスを起こさせることも発見されました。
アポトーシス作用とは、「悪性細胞を自滅に追い込む」という作用です。
さらに、もずくから摂れたものには、癌細胞を死滅もしくは縮小させる働きがあるとの研究報告がなされました。
フコイダンには、さらにアガリクスやメシマコブのなどの、キノコ系の健康食品がもっているような免疫力増強作用・効果もあると言われています。
体内の免疫細胞を刺激して活発にし、また数も増やし、免疫システム全体を活性化させるからだと言われています。
粘質物に多く含まれる多糖体が、免疫細胞を活性化すると言われています。

癌という言葉を聞いて「死」を連想してしまう人も多いかと思います。
日本人の死因の第一位が悪性新生物ですからね。

フコイダンには、癌細胞が自ら死を選んでいく自ら死を選んでいく作用があると考えられています。
正常な細胞は、一定期間を過ぎると自ら死を選ぶように遺伝子の情報に組み込まれています。
しかし、正常ではない癌細胞は、殆どが死ぬことなく増え続けて、移転し、体をむしばんでいきます。
貪欲な癌細胞は、栄養が豊富な血液を得るために自ら血管を作り、癌患者さんに大きな負担をかけます。
しかし、フコイダンには、血管新生を抑える効果で有名なサメ軟骨の成分と同様な効果・作用があると考えられています。

そこで、通院以外での予防方法の一つとして手軽に購入出来るフコイダンのサプリメント等が注目されてます。
副作用については、ワカメや昆布、もずく、ナマコ などの食材に含まれている成分ですので特に問題となる報告されていないようです。
ただし、サプリメント等で摂取する場合は容量や用法を守って過剰摂取にならないようにする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*