フコイダンの効果と選び方

健康に興味がある方なら、フコイダンと言う言葉もご存知だと思います。
フコイダンとは、昆布やワカメ、モズクなどの海藻に含まれるヌルヌルとした成分の事です。
この成分は、海藻が自分たちの体を守る為に分泌しているのですが、人体にも有効である事から、近年、注目を集めている健康成分です。

その効果を一言で言うと、人体の免疫活動を高める事です。
私たちの肉体の健康を脅かす要素として、細菌やウィルスの侵入が考えられます。
これら様々な侵入物質に対し、私たちの体は自分自身を守る仕組みが備えられています。
それが免疫活動です。
しかしこの免疫活動は成人の頃をピークに、後は加齢と共に緩やかに能力が低下していってしまいます。
年を取ると、風邪などの病気が治りにくく感じるのは、この様な理由によるものです。
この免疫活動を高めてくれるのですから、健康に気を付けている方にはありがたい成分ですね。

この他に考えられる効果として、抗酸化能力があります。
もともと地球上は、酸素が存在していない世界でした。
そこに光合成を行う生物が出現し、大気中に酸素が放出される事となりました。
次に、酸素を利用する生物が出現しました。
酸素はとてもエネルギーが高い物質ですので、これを利用する事で高い運動能力を持った生物です。
これが私たち人間の祖先となっています。
私たち人間も呼吸する事で酸素を取り入れる事で、高い運動能力や知能を持つ事ができますが、問題点もあります。
体内に取り入れられた酸素によって、様々な細胞や器官が傷つけられる事があるのです。
これを化学的には「酸化」と呼びます。
「酸素ってそんなに攻撃的なの」と、思われる方もいると思います。
その様な方は、屋外に放置した鉄のクギをイメージしてみて下さい。
赤く錆びた姿が、酸素による酸化現象なのです。
これと同様な事が、私たちの体内でも起こっていると言うのですから、恐ろしいですね。
この酸化に対向する能力を、抗酸化能力と呼びますが、フコイダンは高い抗酸化能力を持っている事でも知られているのです。

この様に有用なフコイダンですが、市販されている物は様々な商品が存在します。
昆布のフコイダンを主成分としたもの、モズクのフコイダンを主成分としたもの、人体に吸収され安い様に化学的に加工した商品なども人気の様です。
これらの中で、どの様な商品を選択すれば良いでしょうか。
いくら体に良いフコイダンでも、人体に吸収されなければ何にもなりません。
消化吸収され安い様に、低分子加工を施されたフコイダンなどは、高齢者にも安心して勧める事ができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*